ここは押さえろ!店舗造りの基本
  1. HOME
  2. ここは押さえろ!店舗造りの基本

まずは当たり前の事を2つ

1.一般的な材料で”良い店舗は造れる”

高価な素材<大理石、磁気タイル、漆喰左官>は素晴らしいですが、安価な素材である<塗装、クロス貼り、塩ビタイル>でも、バリエーションは豊かですので、良い店舗はデザイン出来ます。

2.印刷の柄や色(木目・石目調)は単価が同じ

低コストの店舗でも、柄目色彩リアルな造作も可能です。
イメージ創りに問題ありません。

ここがポイント!買い物を目的としているお客さんは、“商品”を見に来ている

お店の天井、壁面、床の素材やデザインを気にする、または覚えている人が何人いるでしょうか。
恐らく数%でしょう。

店舗イメージはもちろん大切ですが、必要な場所(※1)そうでない場所区別をつけ、過剰な投資を避ける事で、賢く経済的な店造りが出来ます。

※1 必要な場所とは、次の項目で案内する”看板”や”入口”になります。

次に、これも間違えるな!高コストで“スタイリッシュなSHOP”や“カッコいい店”って何?

前述しましたが、「スタイリッシュな店」や、「カッコイイ店」などという抽象的な言われ方や見栄えのいい店が良いお店ではありません。

これが理想のお店だ!

ここでのポイント!良いお店=“お客様の楽しめるお店”

商品、価格、パッケージ、売り方、接客はお店造りにおいてもっとも大切な要素となります。
理想的なお店は“お客様に喜んでいただく”という強い気持ちを持って仕事に取り組む事が大切です。

具体的にこだわる点

1.店舗イメージ

提供するサービス内容や商品の単価を元に、ターゲット客に合わせた内装・外装造りをします。
工事コストに関係ありません。

工事コストに関係ありません。

2.入口

基本的には入り易い場所を考えますが、たまには飲食店などでは「えっ!」という意外性のある入口作りも面白いと思います。

3.看板

バイパス・国道沿いの郊外店舗 / 住宅街の単独店舗 / 商店街のテナント店舗など、商圏エリアや立地を考えた看板

お客さまにすぐ判る看板 → 商品のイメージ写真が入っている看板など、看板ひとつで興味をわかせる必要があります。

4.導線

お客様がお店に入ってきて、ついつい見回ってしまう導線。
コンビニの関連商品導線(お弁当→ドリンク→デザート)といった考え方と一緒です。

お問い合わせ受付中

ぜひとも見て欲しい ! 4つのメニュー

ここは押さえろ!店舗造りの基本